豪邸にまつわるエピソード

豪邸と言えば思い出すのが叔母の家です。

豪邸にまつわるエピソード

豪邸と言えば思い出すのが叔母の家です・・・ (女性 36歳)

豪邸と言えば思い出すのが叔母の家です。

お金持ちだったもので、凄く大きな家に住んでいました。
他にも、軽井沢等に別荘もあったりして。羨ましい限りです。
豪邸なので、言わばちびまるこちゃんの花輪くんの家のような感じでしょうか。門から庭があって、玄関までもかなりの長さがありました。
3階建ての家でした。
庭に噴水のような感じのものもありました。

名古屋の方だったのですが、あのあたりは結婚式も派手です。
結婚式をした時は、そこのバルコニーから、近所の子に袋につめたお菓子を撒いたりしてあげたようです。
お嫁に行く時のトラックなんて、近所を何周かして行くようです。

素敵な家具が沢山ありました。
お気に入りのソファーがあって、幼い頃そこで遊んでいたら、怒られました。
とてもふかふかで、気持ちが良かったのですが、ヨーロッパからの輸入品で、とても高価なものなのだとか。
私も一度でいいから、あんな家に住んでみたかったものです。

買う予定はなかったのですが、住宅展示場に行ってきました・・・ (女性 48歳)

買う予定はなかったのですが、住宅展示場に行ってきました。

住宅購入予定の人が行くだけでなく、イベントもいっぱいやっています。キャラクターショー、あるいは子育てママたちの講座なども開催されているのです。
私が行った展示場は、外装は今どきのものですが、中に入って、びっくり。吹き抜けがとても大きく、段差が無く、通常ありそうなドアの仕切りが少ないのです。
だから、限られた敷地なのに、とても広く感じました。

テレビで芸能人のお宅訪問を見ました。
いわゆる、豪邸です。
住宅展示場の最新版でも、かなり設計されているようですが、やはりある程度の「こういうプラン」が決まっているみたいですが、豪邸の場合はプランがありながらも、自分の理想や希望を入れて、どんどん自分なりの家に仕上げていくようです。

テレビで見る多くの豪邸の場合、絶対あるのがらせん階段です。
あれは憧れます。
でも、その家を建てた芸能人も、何かの映画か何かで見て「家を建てるなら」って思ってつけたそうです。

SiteRecommend

Copyright (C)2014豪邸にまつわるエピソード.All rights reserved.